ここから本文です

投稿コメント一覧 (111コメント)

  • >>No. 47

    日々公表信用残について

    東証が実施する ①信用取引の規制措置銘柄、②「日々公表銘柄」、③「特設注意市場銘柄」、④不明確情報等により注意喚起の対象となった銘柄のうち必要と認めた銘柄等に加えて、日本証券金融(株)が実施する⑤貸株注意喚起銘柄、⑥貸株申込制限措置銘柄は、毎日の信用取引残高がその翌営業日に公表されています。

    ちなみに、ユーグレナは現在(2018年11月30日から)、日本証券金融(株)が実施する⑤貸株注意喚起銘柄なので、信用残高は日々公開されています。

  • 「空売りの残高に関する情報」
    日本証券取引所の以下のページに、毎日ファイルが更新されます。
    (だいたい16:30とありますが、日によって遅れることも)
    https://www.jpx.co.jp/markets/public/short-selling/index.html

    一番早いのですが、見にくいのが難点(笑)

    古明地さとりさんがおすすめしてくださったサイトは、とても見やすいのでおすすめです

  • 東証 本日(7/23)発表の空売りの残高に関する情報

    7/19 個人          708,400株 0.47%→0.76%に増加
    7/19 Nomura International 1,379,100株 -222,800
    7/19 GOLDMAN SACHS  1,387,257株 -23,700

  • 証金残 日証金(東証)
    7/19速報
    貸株残 2,222,200 前日比+245,300
    融資残  259,400 前日比‐ 63,800
    差引 -1,962,800

  • 東証 本日(7/19)発表の空売りの残高に関する情報では
    7/17 Nomura International +70,900 残高1,601,900

    個別銘柄信用取引残高
    7/18申込み現在
    売残3,438,000 +140,200
    買残1,937,800 + 70,800

  • 7/16申込み(7/18決済)の逆日歩は0.1円でした。
    今日の申込み分は、株の受渡し日短縮の影響で3日分でしょうか?
    通常だと、0.05円/1日なので、その辺の変化にもちょっと興味が湧きますね

  • 東証 本日(7/17)発表の空売りの残高に関する情報では
    大口さんの増減報告なし

    個別銘柄信用取引残高
    7/16申込み現在
    売残3,293,700 +82,400
    買残1,668,600 -44,700
    倍率 0.5066 です

  • 東証 本日(7/16)発表の空売りの残高に関する情報では
    7/11 Nomura International 売残 1,531,000で -94,400

    個別銘柄信用取引残高ではユーグレナ(2931)は
    7/12申込み現在 売残3,211,300 買残1,713,300 0.5335 です

  • 東証発表 7月5日申込み現在の信用取引残高表によると…
    信用売残<3,253,700>信用買残<1,636,900>ですので、
    貸借倍率は0.503になっていますね。

  • ユーグレナ社、国連世界食糧計画(WFP)と事業連携に関する覚書を締結
    ~日本企業として初、緑豆栽培でのバングラデシュ農家の生計向上支援とロヒンギャ難民への食料支援計画を始動~

    これは嬉しいニュースでした!
    SDGs達成のために、世界から必要とされる企業になって欲しいです
    もちろん長期で応援してマス(笑)

  • ImPACTの合田PMのチームの研究は、進んでいるようですね
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082800032&g=soc

    米科学誌セル電子版(Cell on lineから)
    https://www.cell.com/cell/fulltext/S0092-8674(18)31044-4

  • ヨーロッパでは、航空機の燃料に関しては、経済性より二酸化炭素排出量の削減を重視する傾向が強まっているようです。

    一般財団法人空港環境整備協会の附属研究機関 航空環境研究センター
    海外情報紹介より

    スウェーデンでは航空旅行に新しいエコ税を導入
    http://aerc.jp/article.php/20180530133943120

    英国交通省が英国の新航空戦略に係わる資料を公開
    http://aerc.jp/article.php/20180530134555379

    他の産業では、太陽光や他の再生可能エネルギーへの転換が容易な分、二酸化炭素排出量の削減がどんどん進んでいるため、逆にそれらのエネルギーへの転換が難しい航空燃料では、二酸化炭素排出量全体に占める割合が増加していくことになり、航空業界に対する風当りが強いみたいです。

    「高くても、再生可能なジェット燃料を使用していることをアピールするしかない」ということになるので、世界中で需要があるのに供給が追い付かない状況になると思うのですが…。

    そんな中での、ジェット燃料生産に向けての前向きな一歩。
    今年の秋のプラント完成が楽しみですね。

  • 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたバイオジェット燃料の導入までの道筋検討委員会(第5回)‐配布資料がアップされていますね。

    経済産業省のページ
    http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/energy_environment/biojet/005_haifu.html

  • 情報、ありがとうございます。

    それでは、文系(化学音痴)の私でも知っている胃腸薬(医薬品)に配合されているジアスターゼは、酵素としては消化の役に立たない、ということでしょうか?
    それとも、消化酵素「ジアスターゼ」という私の理解に間違いがあるのでしょうか?

    もしそうなら、一般の化学知識のない人でも簡単に買える医薬品で、消化に効かない成分をあたかも消化に効くように記述しているという油断ならない事態になっているということになるのではないでしょうか?

    遠い昔に、家庭科でも大根おろしはジアスターゼが含まれているから、消化を助けますって習ったのですけれど…?

  • > どんな酵素であれ、
    > 酵素はタンパク質。
    > 全てのタンパク質は胃液で分解され、
    > アミノ酸となって吸収されます。

    そうなのですか?
    それは、酵素はアミノ酸として吸収されるから(この部分が本当かどうかは私にはわかりませんが)、何の役にも立たないという意味ではないですよね?

    胃酸の中で働く酵素には、活動がもっとも活発になる最適pHが1.5のペプシンや、膵液に含まれる最適pH約8のトリプシンがあるそうなのですが?

    私は「薬なら効く」と信じられるほど薬の効果を実感できないことも多いので、科学的根拠があれば効くと信じられるのは羨ましいです。

    科学で証明できようが、できまいが、誰に効かなくても私に効くなら、それは私にとっては価値があります。

    そもそも、ヒトの体の中で何が起こって生命を維持しているのか、まだ科学で完全には解明できていないと思います。

    科学的根拠に基づいていたはずの医学や栄養学がざっくり方向転換するのを見るにつけ、酵素や腸内細菌の働きについては、科学の方がその作用を証明できるところまで追いついていないのでは?との疑いを強めているところです。

    「ヒト」だからといって、同じ物質に同じように反応するとは限りませんよね?

    私は効果を感じた。一方、他の人は効果を感じられなかった。
    そのどちらも、掲示板には必要な情報で、参考にされるべき情報だと思います。

    体調が万全な人にはわからないかもしれませんが、健康食品ユーザーはいろいろ試していると思います。
    効果があれば、リピーターになるでしょう。試してみて、経済的負担に見合った効果を感じなければ、自然と買わなくなるはずですから、心配しなくても、効果を感じられない健康食品はちゃんと淘汰されると思います。

  • ***続きです***
    そして、今回IHIが受託したNEDOのプロジェクトですが、以前も述べたとおり、応募要領によると 「バイオジェット燃料(ASTM D7566 規格準拠)を20リットル/日以上、延べ300 日/年以上で製造可能なパイロットスケール一気通貫製造設備の詳細およびコアとなる運転技術について説明し、ASTM D7566を認められていない製造プロセスについては、取得時期を含む規格取得に向けた進捗状況を示すこと…他…」となっています。

    NEDO要領
    ttp://www.nedo.go.jp/content/100859759.pdf

    IHIはNEDOから補助金(今年度6.6億円?)を得て、この規格(20リットル×300日=6キロリットル/年以上)を満たす設備の設計、建設をこれから行うということだと思います。
    ユーグレナは、既に自社で資金調達(2014年の増資)まで完了していて、125キロリットル/年のプラントを現在建設中(実際には千代田化工建設が頑張って工事中かと思います(笑))です。

    ということで、プラントの規模からいっても、ユーグレナの方が進んでいると考えています。

    見解をとのことでしたので、あくまで私の考えですので、頭ごなしに否定するのはどうぞご容赦くださいね。
    よろしければ、貴方の見解もお聞かせいただけると勉強になります。

  • 掲示板では質問に回答する義務はないと思いますし、私の見解など、たぶんお気に召さないと思いますが…?

    ASTM取得について調べてはみたのですが、化学の知識がないので製造方法や原料について理解できないことがたくさんありました。取得予定となっているので、予定通り取得できるのが良いと思う以外に、今のところ意見はないです。

    ジェット燃料精製までの進捗状況は、ユーグレナとIHIでは、ユーグレナの方が良いと思っています。
    大量培養についても同様です。

    NEDOにおける戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発の受託も、ユーグレナが平成22年、IHIが平成24年からなので、ユーグレナの方がちょっとだけ先輩だと思います。

    当時のプロジェクトの名称も
    ユーグレナ:「微細藻類由来のバイオジェット燃料製造に関する要素技術の開発」
    IHI:「微細藻類の改良による高速培養と藻体濃縮の一体化方法の研究開発」
    となっていて、受託段階で目標にもちょっと差があるように感じるのは、ユーグレナ信者だからかもしれません…。

    NEDOの支援の結果、どちらもその技術開発に成果を残したと思っています。

    ユーグレナのミドリムシは、食品としての大量培養に既に成功しているので、食品よりおそらく各基準は低いであろう燃料用ミドリムシの大量培養は、問題ないと思っています。(食品と工業用の原料が、同じ安全基準で生産できる訳がないと思いますので)

    ***長くなってしまったので、2つに分けます***

  • ありがとうございます。

    榎本藻の増殖速度が普通のボトリオコッカスの比ではないことがわかりました。
    ただ、普通のボトリオコッカスの増殖速度、ご存知ですか?

    それについて、記載がないので私が調べたことも追記しておきます。
    普通のボトリオコッカスは2週間で1回程度しか分裂しないそうです。
    榎本藻は2~3日で1回分裂するそうです。

    これは、2015年のIHIの資料からの情報です。
    ttps://www.ihi.co.jp/var/ezwebin_site/storage/original/application/3a56c24eb450117fca9c26797aec0e56.pdf

  • ユーグレナを応援する株主さんが、IHIを目の敵にしているということはないと思います。

    誰もが認める巨大企業ですし、最近話題の「かいりゅう」での海流発電、私は素晴らしいと思います。
    エネルギー源を海外に頼っている日本には、本当に必要な技術だと思いますから、是非、成功をおさめてもらいたいです。

    ボトリオコッカスでのエネルギー生産も、同様です。国内でのエネルギー生産技術は、選択肢が多いほどいいと思います。

  • ところで、さっそくお伺いしてもよろしいでしょうか?

    > 「技術的な道筋はついた。課題は製造コスト。いま1リットル500円だが、100円に下げたい」(藤田社長)
    > ※AERA 2014年12月1日号より抜粋

    とあるのですが、同じ2014年の東洋経済の4月9日の記事では
    「2014年のIHI NeoGによると、現段階の技術を前提とした場合、大量栽培しても燃料1リットル当たり500円前後の生産コストがかかる」とあるのですが、いかがお考えですか?

    東洋経済
    ttp://toyokeizai.net/articles/-/34915

    また、同記事中に
    2015年には数十億円の費用を投じ、まずは国内に数千平方メートル規模のパイロットプラントを建設する予定とあるのですが、2015年に1,500平方メートルのプール以外に、数千平方メートルのパイロットプラントを建設した実績があるのかどうか、ご存知でしたら教えてください。

    ただ、実際のところ、私自身は培養施設の面積の大小の比較は意味がないと思っています。

    培養している生物の特性(油の含有量や、質、その他の有効成分があるかどうかや、増殖速度等)の違う生物を、培養地の面積(体積ですらない…)で比較しても、全く意味がないと思うのですが。

    (理系の方でも、その辺りは気にならないのでしょうか?わかっていてスル―していらっしゃるなら、それはそれで、意味のあることなんだと思うのですけれど(笑))

本文はここまでです このページの先頭へ