IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

そもそも日経のような単純平均株価指数は数値で比較する意味が小さい

現在と似たような金融環境下でのPERやPBRだけが割高か割安かを教えてくれる
今だとやはり2018〜2019年頃が基準となるだろう

PERを当時と比べるとナスは70〜80%の超割高、日経も12%前後=約3000円の割高
日経の調整局面での底値は概ねPBR1となるので、これからいうと下値は5000円ほどある計算となる