ここから本文です

日本の旧都市銀行の再編でメガバンクが生れた訳だけど、
地銀、信金の再編も間をおかずに着手する予定だったところ、
サブプライムローショックやリーマン・ショック、
あるいは、日本固有の大問題として大天災が相次いだため
地銀、信金の再編を無期限延期した、という説があります。

しかし延期してから長いので、利鞘がとれず我慢できない地銀が
他業種の会社に吸収される現象が日本でも見られ始めました。

小さな業務会社を丁寧にケアしてくれる信金などは
国力の縁の下の力持ちであって、
地銀、信金の再編が進むと、多分、小さな会社の事実上破たんが次に来る。

その時も株が売りに出されて、そういう株価下落がありそうだと
私は業務上から不安です。
世界の大きな金融情勢や債務問題などは私には分かりませんけど