ここから本文です

 日経が下げて悲しいなら、現物株を手放せばいいんだが、現物株がないと寂しいなら、将来の値下がりを避けたいと願うなら、ヘッジすればいいんだ。

 将来の値下がりリスクを避けるヘッジ手段はいくつかあるようだが、大阪証券取引所の日経平均先物か、もう少し小ぶりのヘッジには、日経平均先物ミニを使えばいい。

 日経の値下がりで利益がでて、値上がりで損失がでる。
 手数料がとても安くて、3月の期日すこし前に手仕舞いして、期先物に乗り換えれば、SQに伴う相場の波乱も避けられる。
 
 ヘッジは、下げ相場の強い味方だ。
 日経平均先物売りで、俺は、金持ちになる!