ここから本文です

11日の中国本土市場概況:上海総合2.6%高で続騰、インフラ関連セクターに買い

11日の中国本土市場は大幅に値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比73.59ポイント(2.58%)高の2925.72ポイントと続伸した。上海A株指数も上昇し、77.06ポイント(2.58%)高の3064.38ポイントで取引を終えている。

中国の政策期待が強まる流れ。米国との貿易摩擦を背景に景気の下振れ圧力が強まるなか、中国政府は財政政策を強化する方針だ。国務院弁公庁などは10日、地方「専項債(特別債)」に関する規制緩和措置を発表。鉄道や高速道路など大型インフラ投資を後押しする。資金流入の思惑も続く。「金融当局は保険会社の株式投資規制を緩和する方向で検討中」と報じられたことも引き続き材料視された。指数は徐々に上げ幅を広げ、中盤から一段高となっている。

指数構成銘柄はほぼ全面高。なかでも、インフラ関連株の上げが目立ち、ゼネコンの中国鉄建(601186/SH)が6.7%高、建機の三一重工(600031/SH)が5.8%高、セメントの華新水泥(600801/SH)が8.7%高と値を上げている。証券・保険株も急伸。中国銀河証券(601881/SH)がストップ高、中国人民保険集団(601319/SH)が5.1%高で引けた。消費関連株、運輸株、ハイテク株、自動車株、医薬品株なども幅広く買われている