ここから本文です

三井物産と三菱商事が参画する液化天然ガス(LNG)プロジェクト「サハリン2」は、生産量を現状比5割増の年間1500万トン規模に拡張する計画。現在、20年代前半の生産開始に向け、プラントの設計やガス調達、LNG販売先などの検討を進めている。

 伊藤忠商事は国際石油開発帝石(INPEX)などとロシア・東シベリア地域で参画する石油探鉱事業について、ロシア政府から承認を得て、16年12月に商業生産を始めた。原油はロシア国内での供給のほか、日本をはじめとするアジア地域に輸出している。

 丸紅は露国営石油会社ロスネフチと極東地域でのLNG事業で提携しており、ロスネフチが極東地域に建設するLNGプラントから年間125万トンLNGを19年から輸入することで合意した。また、丸紅はモスクワに鉱山車両用大型タイヤや関連部品を扱う販売会社を設立している。


欧米の経済制裁は厳しさを増す一方ですが、
日系企業は好調なようです。

ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!