ここから本文です

サウジ王子、ドル・ペッグ制廃止は「最後の手段」-可能性に言及
Bloomberg 11/17(木) 13:28配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161117-93569390-bloom_st-bus_all

サウジアラビアのアルワリード王子は同国が社会、政治、財務のいずれの面でもかつてないほどの変化に見舞われているとして、自国通貨をドルに連動(ペッグ)させる為替相場管理制度を将来的に廃止しなければならなくなる可能性に言及した。

同王子はブルームバーグTVとの16日のインタビューで、リヤルのドル・ペッグ制を変更する可能性について「今から2、3年後の最後の手段としては可能性がある」とした上で、「当面は現状を維持すべきだ。あまりに多くのことが起こっている」と述べた。

サウジは成長の鈍化と原油収入の低迷に見舞われ、ドル・ペッグ制を維持することができないとの臆測が浮上。中央銀行に当たる同国通貨庁のホリフィ総裁は今週、為替制度継続の方針をあらためて表明した。1980年代に1ドル=3.75リヤルに固定されて以降、リヤルは同レートをほぼ維持し、石油や天然ガスの価格変動からサウジ経済を保護する役目を果たしてきた。

キャピタル・エコノミクスの新興市場担当チーフエコノミスト、ニール・シェアリング氏(ニューヨーク在勤)は、「サウジの政策当局者がペッグ制をやめる可能性に言及したのは初めてで、そのこと自体に重要な意味がある」とした上で、「向こう1年程度に関するメッセージは現状維持であり、ペッグ制を続けるということだ」と指摘し・・・

ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!