IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

日銀のテーパリング疑惑はどうなったんだろう。
米国の予算問題は心配してないが、一寸前まで囁かれていた、
ステルステーパリングは本当に大丈夫なのかなぁ、110.00の大台ナンバーの抵抗ですっかり下げ止まっているみたいだけど、もう十分折り込んでこのレートなのかなぁ。
だったら、今回の日銀会合で、フツーに黒田さんが、何にも政策変更しなかったら、フツーに3円くらい上昇するんじゃないかな。
3円っていったら、2016年の日高ブルームバー部ショックのとき、あのときは黒田さんがな~んにもしなかったから、期待はずれで3円暴落したんだよね、あのときもレート110円くらいだったよね。
また、110円で黒田日銀っていったら2014年のハロウィンショックもこの辺のレートだったよね。
あの時は、別に十分市場は満足してたのに、このレベルから一段上を目指したんだよね。
あれにはビックリしたよ、だって民主党時代の70円台知ってたから、これくらいでいいんじゃね、って思ってたからね。

さて、そして、また、この110円台って嫌なレートで、市場が燻っています、そこへ日銀会合、なんかあっても、なんもなくても、どっちにしても、大荒れの予感です(^ω^)