ここから本文です

●ドル円研究所●
ドル円の来週の見通し・予想 1/9(月)~1/13(金)

来週は、トランプ米次期大統領・記者会見(11日)
米FRBイエレン議長講演(13日9:00~)
台湾・蔡英文総統訪米
米小売売上高(13日22:30発表)がポイント。
米雇用統計発表後、ドル急反発。
ドル円が117円台へ上昇する一方
ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪ドル/ドル、NZドル/ドルなど
対ストレートドルが軒並み下落。
市場では、トランプ米次期大統領・記者会見
中国リスク(台湾問題、中国当局為替介入)が警戒される中
ドル高の勢いが続くかどうか注意との話。
また、月曜日は
成人の日で東京勢が不在。
祝日は荒れやすい傾向も。

<ドル円テクニカルチャート>
金曜日のドル円は、ドル買いが強まり
一目均衡表・転換線(116円82銭)の上で
週末クローズ(116円98銭)
市場では、12/15高値-1/6安値フィボナッチ61.8%戻し(117円28銭)
117円50銭の厚い売りオーダーが意識されており
117円台のレジスタンスとして注目。
直近サポートとしては
一目均衡表・転換線(116円82銭)、21日移動平均線(116円80銭)
12/29安値(116円22銭)、12/30安値(116円03銭)
一目均衡表・基準線(115円75銭)
直近レジスタンスとしては
1/6高値(117円16銭)
12/15高値-1/6安値フィボナッチ61.8%戻し(117円28銭)
1/5高値(117円42銭)、1/2高値(117円66銭)
12/22高値(117円86銭)がポイント。