IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

幸福に対する価値観は人それぞれなのでは無く幸福の追求において社会的なハードルの高さが十人十色であるという考え方が正しいと思う。

正確に表現するならば、社会的な障害を他者とのコミュニケーションによって大幅に減衰させる事が可能である為、飲みニュケーションのような体育会系なノリが社会的に肯定されていたと考えるべきである。

その名残りが、学閥などのコネクションといった上下関係として存続している日本の現状において、他者との関係性を無視して出世するのは不可能であると考える。

尚且つ、チャレンジとリトライの両輪が正常に機能していない以上、再び勉学に勤しむ学び直しが価値をもたず、全体的に向上心を損ない迎合主義を蔓延らせる要因となっている。

現状を克服するには、一つ一つの社会システムの組み直し、真の意味でのリ・ストラクションが不可欠である。