IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ある病気で入院したとき、経過が良くなってきたので複数名の病室に移ったら、隣のおじいさんが昼間、ぐうすか寝ていて、夜になるとガサゴソうるさくて仕方なかった。
医師の回心の時、そのお爺さんが、「先生、夜眠れなくて困っています」と言うと医師は間髪入れずに、「昼間あれだけ寝ているんだから寝られるわけありませんよ」、お爺さんは憮然としていたが、隣で僕は噴いた。