IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>473

降って湧いたような香港問題ですよね、
何か怪しい感じしませんか?
私には米中合意の上で、コロナ問題の核心から世界の目を逸らすため、
あえて作り出された香港民主化問題だと思っています、
ゆえに米中が香港民主化問題で本気で喧嘩することはありません、
今米中でもっともリスクが高い問題は、
武漢ウィルス慰謝料問題でしょう、
次が結局、次世代通信5G問題、
しかしこの二つは解決は難しい、
しかし、トランプは大統領選挙用に、米中問題を解決したというパフォーマンスがしたい、
そこで米中合意で作る出された問題が香港民主化問題です、
結果はトランプに花を持たせる筋書きでしょう、
米国はほんこんの民主化を形の上では守り、
裏取引で中国はファーウェイの世界シェアを米国に飲ませる、
そこまでは去年からわかっていたことです、
香港で雨傘デモが起こる度に、すぐに米中貿易問題と取引がなされ、
プロレスの筋書が読めたものです、
しかし、今回は武漢ウィルスの補償問題が絡んできてるので、
正直、予想外の展開もあり得る、
根本的な問題として、コロナは中国のウィルス兵器なのか、
それとも、ビル・ゲイツ財団が主導したディープステイトが作り出したものなのかで、米中対立構図が全く違ったものになる、
中国単独のウィルス兵器だとしたら、
米中対立はプロレスではなく本気になる可能性もあるが、
ディープステイト説が正しいとなると、
米中対立は表面上だけ、ゆえに為替も株も大暴落には繋がらない。