IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

さて、カニ太郎がにわか仕込みの占星術で、

今後のドル/円を占ってやろう、と思います(笑)

まず、ホロスコープを見てもらいたい、
これは2日後の天体(惑星)とサイン(星座)の位置だが、
すごいことに気がついた、
なんと、ドル/円が大暴落してると読めるのだ!

まず、金星を見てもらいたい、
金星はなんと逆行している、
この意味は「財産の減少」だ、

次に水星、
この水星は双子座のルーラー(守護星)なのだが、
なんと、その双子座に水星は入っている、

水星は情報の星だ、
双子座に存在すると、そのパワーが増大する、

更にこの2つの星のアスペクト(角度)を見ると、
コンジャンクション(重なる)している、
この意味も、パワーを増大させるという意味だ、

そして、水星と金星には、海王星のトラウト(120º)がある、
トラウトは吉角と呼ばれており、
お互いのパワーを強くする、

海王星の意味は、「神秘的」「変化」「精神的」「見えないもの」・・・
といった意味である、

つまり、これらを相場に当てはめると
「市場心理」「大衆心理」「センチメント」
等の意味になる、

これらが互いに増幅しあってる図が、5/20の相場状況となる、

ここで、重要なイベントがある、
5/19、23:00、ムニューシン・パウエルの議会証言だ、

このとき
何かが起こって、5/20の市場センチメントになったのだとしたら、
それは金星の逆行があるだけに「ドル暴落」とか「ダウ暴落」、
ではないだろうか?

水星が金星(逆行)とコンジャンクションしてるので、
とある金融関係の情報の発信が、ある富(市場)の暴落を引き起こした、
と読み解ける、

更に金星(逆行)と水星は海王星とトラウトすることによって、
心理的に何かが増幅されている、

即ち相場環境では、それは大衆心理=不安心理、が増幅されている、
と読める、

つまり、パウエルが、マイナス金利の可能性を示唆したのかもしれない、

そんな風に読めるわけだ・・・(以上)

いかがだったでしょうか?

カニ太郎の占星術は・・・(笑)

usdjpy - アメリカ ドル / 日本 円 さて、カニ太郎がにわか仕込みの占星術で、  今後のドル/円を占ってやろう、と思います(笑)  まず、