ここから本文です

【日興の担当者訪問には心配してしまった】

お話したいことがありますので伺いたい、と担当者から電話があった。今日の今日は初めての経験。
是非と言われれば、断るわけには行かない。しかし、心配が急速に募った。
以前、公募配分停止を食らったことが想起された。何か拙いことをやったか。日興口座は家族と複数ある。こちらがどう考えようと、向こうが拙い売買と判断すれば従わなければならない。

話は送金した5,000万のことでした。今月、引き上げるのは理解されていた。来年、3月にも同じようなことをして欲しいと依頼された。その代わりIPOで報いると。私とすれば願ったり適ったり。みずほには愛想を尽かしている。

欲しかったIPO・ユナイトアンドグロウが貰えそうです。エアウォーターは当初12,500株、これに10,000株の色を付けてくれた。資金の力。

公募を沢山申し込んでくれるのは助かると言われた。これは夢のよう。他ではそんなことを言ってはくれない。日興の配分は一定率。母数が大きければ配分は多くなる。欲しい時には大きく申し込んで下さい、こちらもその方が助かりますと言われた。
カミさんには日頃言っていました。今度の日興の担当者は手際が好いし、とても好いと。初めて出会う息の合う担当者です。
心配しましたが、とても有意義な時間でした。