ここから本文です

トランプ氏がドイツ政策批判、亀裂鮮明に
[ベルリン 30日 ロイター] - トランプ米大統領は30日、対米黒字と軍事費の水準に関してドイツを批判した。「同盟国を完全には頼れない」としたメルケル独首相の発言に続き、最大野党・社会民主党のシュルツ党首はトランプ氏を「西側の価値観の破壊者」と非難、米独間の対立が先鋭化している。
トランプ氏はツイッターに「米国は極めて巨額な対独赤字を抱えているうえ、ドイツが北大西洋条約機構(NATO)において支払っている軍事費は限りなく少ない。米国とって非常に好ましくなく、変えていく」と投稿した。
メルケル独首相は前日、同盟国としての米国の信頼性を巡り、あらためて懐疑的な見方を示していた。
ドイツの有力政治家らはトランプ氏のツイッターに素早く反応。シュルツ氏は記者団に対し、トランプ氏が相互尊重と寛容の精神に根付いた国家間の平和的な協力を損なっているとし、「西側のすべての価値観の破壊者」だと述べた。

ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!