ここから本文です

ブレイナードFRB理事は「弱いインフレ長引けば金利見直し招く可能性も」
「債務上限めぐる不透明感、リスク見通しに影響も」
「コアインフレで進展ないことは懸念される」
「世界経済の先行きはより明るく、リスクバランスがより好感されている」
「さらなる引き締め、近く適切になりそう」
「米GDP、第2四半期に持ち直す見通し