ここから本文です

愛国的、右翼的な写真や映像芸術があるかというと。
恐らく、いるのは、あまり理念先行という訳でもなく、ただ、日本と、そこに暮らす人々、文化が好きでシャッターを切っている人々。
そんなところ。デジカメが普及したのでずいぶん増えた。その人なりの美しい日本の景色は誰もが絶対に持っている。

動画だと、山田洋次監督の影響が大きかったのか。つまり「寅さんのシリーズ」。日本中旅して、広角レンズで何とも入れないのどか景色を入れ、そこで若い美しい娘を登場させる。男も関心があるにはあるが自分の甲斐性なしを知っている。あえて発展はさせないという展開なんだが。

https://www.youtube.com/watch?v=YoMRp3P8d_g