ここから本文です

高市早苗総務大臣が、自身と政党支部の間で資金 を往復させることで、寄付金控除の還付金約300 万円を受け取っていたことがわかりました。

「あくまでも法的に違法性はない」(高市早苗総 務相)

政治資金収支報告書によりますと、高市大臣は2 012年、11月と12月の2回にわたり、自身が 代表を務める自民党奈良県第2選挙区支部から1220万円の寄付を受けた後、逆 に1000万円をこの支部に寄付しました。そして、翌年の確定申告で寄付金控除 を申請し、還付金約300万円を受け取っていたということです。

「還付金をもらうがためと疑われてもおかしくない状況になっている」(民進党 那谷屋正義参院議員) 「支部のお金がほぼ底をついたという連絡があったので、お金をかき集めて自分 なりに精いっぱいのお金を支部に入れた」(高市早苗総務相)

政治家と政党支部の間でお金を往復させるだけで還付金が手に入るこの仕組み。 永田町では当たり前なのでしょうか?

「以前もあったし最近も時々話題になるが、1000万というこれほど大きい額 は見たことがない。どう考えてもおかしな話だが、法律的には一切規制がない。今 の制度の枠組みでは違法ではない」(政治資金に詳しい日本大学法学部 岩井奉信 教授)

高市大臣は先月、この問題で東京都内の男性らに詐欺の疑いで刑事告発されてい て「誤解を受けるので、今後は控除を申請しない」としています。


※※※ 政治家は・・・お金が黙ってても・・、倫理観も無く・・・入ってくるんだね(。・・。)(。・・。)(。・・。)??