ここから本文です

>>3463

まず、数十年まえからアンチロックブレーキングシステムは存在する。レーザー、赤外線でも路面状態を判別することができる。タイヤの内部に歪みセンサーを埋め込み、タイヤの歪み量を計測することも可能。その他、様々なセンサーがある。コストダウンは、当然、大量生産すれば可能。ビッグデータを処理する技術も確立しつつある。あとは、AI、頑張ってね

ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!