ここから本文です

1:ガンカー・プンスム
標高:7570m
場所:ブータンと中国の国境
未踏峰である理由:ブータンの法律によって入山が禁止されているため
1980年代に日本人、イギリス人が登頂を試みたのを最後に、この山に挑んだ者は現れていない。

2:マッシャーブルム 4峰 北壁
標高:7820m
場所:パキスタン
未踏峰である理由:極めて難しい登山技術を要するため

3.梅里雪山(メイリーシュエシャン)6,740m
場所 中国の雲南省デチェン・チベット族自治州に位置する、長さ30㎞にもわたる連山の総称だ。連山のすべてが未踏峰。最高峰はカワカブと呼ばれる雪山(6,740m)。
梅里雪山の周囲は金沙江(長江の上流)、メコン川の上流、怒江、3つの大河が、わずか70㎞から100㎞の幅で並行して流れている、世界でも稀に見る地形。急流によって削り取られた連山は険しく、インド洋から吹くモンスーンの影響のため、一年中雪に覆われ人を寄せ付けない。
挑むたびに大量の死者が出る未踏峰。

4.マチャプチャレ(Machapuchare)6,993m
ネパールとヒマラヤのアンナプルナ山脈に位置する。ネパール第2の都市、ポカラから眺めるマチャプチャレは、名峰マッターホルンに似ていることから、「ネパールのマッターホルン」と呼ばれている。その美しい姿は、何人をも魅了し、世界で最も美しい山とも評されている。
ネパール政府は、シヴァ神に関する神聖な山として、一切の登山許可を出していない。

ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!