ここから本文です

中国国内で連続爆破事件が頻発している。
この爆破事件は、住民立ち退きの被害者が報復したもので、
暴力的な土地の強制収容が原因です。
中国では土地収用と開発でリベートを受け取る地方役人がウハウハ状態、
地元暴力団や犬まで活用して住民を追い出し、
出て行かないと重機で破壊して、立てこもる住民ごと家を破壊します。
ところが建物が完成してもインフラを整える前に
リベートで利益を確保した各階層の役人が手を引いてしまう。
このため、電気水道などの生活インフラ建設も完成せず、開発は中断します。
さらに周辺地域住民も突然出現した新高層住宅に
住み慣れた家を捨てて移り住む気が無かったり、
住んだとしても不便だったりしますし、
現地で追い出された人の場合
財産自体がなくなっているので入居できません。
そんな風にしてできた超高層ニュータウンは、
当然ながら何かと不便ですので、
完成と同時にゴーストタウンに一直線。
こんなのがすでに中国の地方にまでたくさんあり
しかもいつ倒壊するかわからない状態
そんな中国共産党による政策と
中国人自身が持つ国民性を社会背景とする爆弾事件なのです。