ここから本文です

民主活動家の情報ネットワークから、
公開された資料では
天安門事件で殺害された犠牲者総数は3万1978人。
2度とこのような民主的デモが発生しないように
徹底した弾圧方針であったため、
天安門広場に集まっていた4万人のデモ参加者に対しては
根絶を期して虐殺が敢行された。
鎮圧時には一カ所に包囲して殺すのではなく、
群衆を分割し追い込んで掃討殺戮を行ったため、
多くのデモ参加者が各所に追い込まれ、
それぞれ一群ごとに処刑されました。
その結果、当時現場から離脱し助かった人々が
見たのは部分的な殺戮に過ぎず、
大量殺人の全体が把握されることはなかった。
また袋小路に追い込まれ、あるいは挟み撃ちに遭い
全滅したデモ参加者が目撃者として生き残ることはほとんどなく、
さらに多くのけが人をその後も逮捕し殺害したり、
数日後に殺害された者もあるなど「見たものは殺す」ことで、
粛清鎮圧と同時に情報戦も制することができた。
同時にその犠牲者数は人民の想像を超えていたのです。