ここから本文です

安全保障関連法案が大混乱の末、可決された。
この過程で民主党など野党は、
法案の採決を阻もうとあらゆる手段を繰り出した。
その最終段階で国民が目にしたのは、
他の議員の背後から飛び乗ったり、
議事進行に必要な書類を無理やり奪おうとするといった、
およそ立法府にあるまじき光景だ。
暴力まがいの行動に訴える国会議員に、
日本の平和と安全保障政策を論じる資格はない。