ここから本文です

日本に税金払うのイヤだって!
珍しく中日新聞が在日特権の実態を詳しく記事にしてくれました。

在日韓国人341人が在日企業の祖国進出を促す目的で
1982年創設した「新韓銀行」それが今では、
新韓グループ全体で韓国国内第4位の資産規模に成長した。
当初、日本より遅れていた韓国に、パチンコ業界などで成功した、
日本で稼ぎだした利益を持ち込もうと、
旅行カバンに札束を詰め込み、資本金を準備した。
銀行が成長するにつれ、愛国心ゆえに持ち続けた株の資産が膨れ上がり、
1人、なん億なん十億たんいになり、総額1000億円を越えてきた。
ところが、昨年から5千万円以上の海外資産を持つ人に「国外財産調書」の提出を国税庁は義務つけた。
その第1号が本国の銀行からの配当金など6億円が
申告漏れとして、愛知県在日韓国人数名を指摘された。