IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

プーチン大統領ねっ!彼の考えが少し見えてきた。→余命が少ないことを前から覚悟していたのだろう?→最後の成し遂げたい仕事が、ソビエト連邦の復活。→ヨーロッパ中に衛星国家を従えていた米ソ二大強国へのノスタルジアだろう?→叶えられるものなり、強行突破してでも成し遂げたい。→アメリカ合衆国に比べて、弱小国家になった現在のロシアを彼は認めたくないのだろう?→しかし、結果は見えてきた。→プーチンは病気の為退任し、後継者に委ねられる。→だから、核兵器使用はないはずです。→バイデンがどう対応するかが、今後の世界情勢を決める鍵になると思います?

  • >>237

    この先の流れの予測において今はっきり解ってる事実の着眼点

    黒海ルートの掌握の継続をロシアはウクライナ戦争を止めても諦めない可能性は高い。。

    黒海ルートのウクライナ南部ルートの陸ルートではなく、ジョージア側もあり得るし、海上側からのポーランド、モルドバ攻撃もあり得るから

    今朝のニュースでウクライナの国防相がロシアとの戦争終結が8月末頃と、プーチンの病死の予想も含め思わせぶりに強く語っても

    いろんな情報分析から予測すると、「ヨーロッパ大戦」や「プラハの春」の中東の紛争などは当然あり得ると思うです。。

    ロシアのウクライナへとの戦争が一応沈静化してもそれ以外のウクライナ周辺国、中東地域の紛争が拡大するのも黒海ルートを牛耳るのをプーチン後継のロシア大統領が諦めるとは考え難いので

    ウクライナへの戦争集結は年内ではなくより長期化すると思う。。(◠‿・)—☆