IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

国の借金が今より未来の方が増えてれば、今の若者が借金を負担するとは限らないということです。まだ生まれてない子供に借金を先送り、それを延々と続ける可能性はあるのです。

なぜならそれが世界の常識だからです。より具体的に言えば、
ほとんどの国はGDPを増やすことでGDPを分母にして計算した借金の割合を減らすが、借金の額そのものは減らさずに増やし続けてます。

日本の問題はデフレでGDPが増えてないことで、借金の額が増加するだけでなく、その割合も増加してしまうことです。