IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

「米フラートン『平和の少女像』建設が白紙化…200万ドルの保険要求」

 米国ロサンゼルス(LA)フラートン地域の「平和の少女像」建設推進が失敗に終わった。

 「平和の少女像」建設運動を主導してきたカリフォルニア州韓米フォーラム(KAFC-Korean American Forum of California)は25日、韓国聯合ニュースのインタビュー取材に対し、「フラートン市当局と博物館理事会が、1年間、少女像の建設を延期してきたうえ、無理な要求までして少女像建設運動を撤回した」と明らかにした。

 同メディアによると、これに先立ちフラートン市議会は昨年8月にフラートン博物館センターに「平和の少女像」建設を支持する決議案を承認し、その権限を博物館理事会に譲渡した。

 KAFCは、博物館理事会が少女像建設のために200万ドルの責任保険まで要求して少女像の寄付を撤回する立場を伝えたことを明らかにしたと同メディアは伝えた。