IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

日本は不動産価格を世界で一番抑えてるにもかかわらず
1人当たりの実質GDPの伸びや一人当たりのGDPが
イギリス、フランス、ドイツと同レベルなのは
驚異的なことだ
日本の未来は明るい

日本がインフレにならないのは不動産価格を抑えてるから
不動産価格を世界水準並みに上げればインフレになる
よって今の0%のままで良い
2%の目標は必要ない

2%のインフレで賃金が4%上がるのと
0%のインフレで賃金が2%上がるのは同じだが
前者のほうが景気が良いような錯覚をする
0%のインフレで問題ない

企業物価指数8・0%上昇、40年9か月ぶりの伸び率…資源価格上昇と円安進行で
これは放置できませんね



1人当たりのGDP(ドル) 1ドル100円で計算(購買力平価などから見た適正値)

ドイツ    44014
日本     40766
イギリス   38470
フランス   38379
韓国     30131
イタリア   30010

~~~日本の将来は明るい~~~

〇少子高齢化してるが、上記のように1人当たりのGDPが先進国の中で悪くない
 1人当たりの実質GDPの成長率もドイツ、イギリス、フランスより上

〇中国が経済成長して賃金が上がり
 元高になり労働コストが上がり日本の国内生産が増える

〇ここ数年極端な円高がなくなり、今のまま円高がなくなると、現地生産が減る

〇物作りがうまい、とくに精密なものが得意(1300年の歴史を見ればわかる)

〇不動産価格を世界で一番抑えてるのもかかわらず、実質GDPが伸びている

〇国の借金は国富に対して世界水準にくらべて高くないとおもわれる、
 むしろ低いかもしれない(インフレになりにくい体質から)


日本は破綻しない
日本の純資産(国富)は3690兆円
日銀が国債を500兆円買い取ると
13%のインフレになり、13%円が安くなる