IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>2446

Covidワクチンとブルートゥースの関係
The Jabbed Connect to Bluetooth | (tapnewswire.com)
9月15日付け

ヘンリー・マコウ博士のブログ記事より:

Covidワクチン接種者はブルートゥース(bluetooth)で接続されます。

FYI: ブルートゥースとは、近距離にあるデジタル機器同士が通信をするための無線通信技術です。例えば、パソコンで利用するマウスやキーボードの中で、コード類をつながずに使っているものの多くはブルートゥースでつながっています。ブルートゥースは近くにある機器同士が通信するために利用されます。

以下が接種者のブルートゥース・アドレスです。
Screenshot_20210914-184255.png
「接種者が近くを通りすぎると、上記の異なるブルートゥースのアドレスが次々に現れます。これは接種者自身がディバイスになったということなのではないでしょうか。彼等は独自の獣の刻印を与えられました。」
(読者の皆さんにはこれが本当かどうかを確かめていただきたいと思います。)

ヘンリーさんへ、

昨日、私はスーパーマーケットの前に立ち、スマホで10枚のスクリーンショットを撮ってみました。
そこで、人々が私の近くを通り過ぎる度に、スマホの画面上にブルートゥースが作動し、近くのブルートゥースのディバイスをスキャンした時に画面上にアドレスが表示されるように、独自のIPアドレス(上記参照)のようなものが表示されたのです。
どうやら、全ての接種者が独自のIPアドレスを与えられたようなのです。
歩行者と車が通過する中で5分間の観察でアドレス(数字とアルファベット)が何度も変化しました。これらのアドレスはみな同じフォーマット(12個のアルファベットと数字がコロンを挟んで6つに分かれている。)です。
表示されたアドレスは、通常のブルートゥース・ディバイスのアドレス(通常はディバイスの名前(例えばヘッドフォーン、電話、車のハイファイなど)とシンボルが表示される。)とは異なります。
私のそばを多くの人々が通過した時には、スマホの画面上で秒刻みで新しいアドレスが表示されていきました。
私はプロではありませんが、コンピュータのことは少し知っています。スマホの画面上にこんなものが表示されたのは初めてのことです。
この現象に関してウェブ上で調べましたが、やはり私以外にも同じ現象を目撃した人々がいることを知りました。
人々が近くを通過する度にスマホの画面上のブルートゥースのアドレスが変わるということは、これらの通行人たちはディバイスとして認識されているということです。誰でも自分のスマホを使って確認することができます。接種者がこれを試したい場合は回りに誰もいない静かな場所(森林など)で行ってから行ってください。
画面上に表示される独自のアドレスこそが獣の刻印なのではないでしょうか。
世界の支配層は、自分たち以外の全ての人々に酸化グラフェンが主成分のCovidワクチンを注射させたいのです。なぜなら、接種者の体内に酸化グラフェンを注入すると、体内で人工的な神経系を自己組織化させますから(これは酸化グラフェンの特性の一つ)、その後、接種者は5Gやスマホを介してスマートグリッドを接続されることになるからです。これは邪悪なCovidワクチンの目的の一つでしかありませんが。

JSより

gates-666.jpg

2021年5月25日の関連記事:Bluetooth Vaccine? Does the Injected COVID Non-Vaccine Connect With Devices?
Covidワクチンはブルートゥース・ワクチンなのか?接種者はディバイスと接続されるようになっているのか?

マキア・フリーマン曰く:
「問題は、私がどこに行こうとも、私にブルートゥースが接続されるように、全てが私と接続されてしまうのだ。私が自分の車の中に入ると、車が私とつながろうとする。家に帰ると、私のコンピュータが私とつながろうとする。私の携帯電話も私とつながろうとする。家の中でもあらゆるものと接続されてしまう。スイッチを切ろうとしてもできない。そしてどこにいても同じメッセージが表示される。」
このような現象の背後にはトランスヒューマニズムとオペレーション・コロナウイルス・ナノテック・接続があるのです。つまりCovid偽ワクチンを注射されると、体内にバイオセンサーのようなものが注入され、接種者をスマートグリッドのノードに変化させるということでしょう。