IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

  酒とバラの日々     

酒とバラの日々、社交と快楽の日々は、微笑を与え、過ぎ去る。
 追いかけっこをしている幼児のように。
草原を通りぬけ、扉の中に消えていく。
 扉には「二度と戻らない」と書いてある。
 以前にはなかった扉。

君のいない孤独な夜は、忘れたい想い出が走馬灯のように。
 その輝くような笑顔に満ちたいくつかの思い出を。
あの酒とバラ、社交と快楽、そして君のいた日々に、
 僕を誘ったあの輝かしい、君の笑顔、
 あの笑顔がきっかけで始まった出来事を。


う~ん なかなか日本語にならない 難しい