IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

立憲民主党は6日、東京五輪・パラリンピックの大会関係者が多く入国する羽田空港を視察し、水際対策や感染対策について関係者から話を聞いた。
>  立憲の逢坂誠二・コロナ対策本部長らが、第3ターミナルの検疫などの施設を視察した。菅義偉首相が先月に視察した際、海外から到着した選手団や五輪関係者について、「完全に一般の方と離れ、接触をしない対応になっていた」と記者団に強調した。
>  しかし、この日の視察では、入国した選手団らは到着ロビーを出た後、大会組織委員会の担当者によって待機するバスまで誘導されるが、トイレやコーヒーショップの利用などが禁止されているかどうか明確で無いことが分かったという。逢坂氏は記者団に「入国するまでは動線を分けているのに、入国してからがあいまいだ」と指摘した。 https://www.asahi.com/amp/articles/ASP766VR4P76UTFK01V.html