IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

二階幹事長が応援した1億5千万円の選挙資金が買収資金に化けていた。

二階氏は「他山の石」として反省してる。が、諺の使い方を間違えてる。
二階自身の責任は大きい。同選挙区にはもう一人自民党所属のベテラン議員がおり、党本部からが1千5百万円しか選挙資金はわたってない。対立候補の河井安里には1億5千万円。

幹事長の選挙戦術の間違えだった。

これを「他山の石」と言えるか。バカ。
(他人のつまらない言動も自分の知識や品格を磨くのに役立つこともあるというたとえ)