IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

FOMCで長期国債の利率に関して、パウエル議長が積極的に抑制するような言葉が出なかったとしても、既に織り込み済みなので、大した下落圧力にはならないと思う。むしろ投資家にとって、少しでも好印象な言葉が発せられればポジティブサプライズになって、株価は高騰するものと思われる。