IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ニューヨークダウ

年末年始の堅調相場は「サンタクロースラリー」と呼ばれ、CFRAリサーチによると、1945年以降の74年間のうち55年は株価が値上がりした。年末の5営業日と年明け2営業日が「ラリー」期間で、今年は24日に始まった。25日は休場。

米株式年鑑「ストック・トレーダーズ・アルマナック」によると、S&P総合500種指数の1969年以来のサンタクロースラリーの平均上昇率は1.3%。CFRAリサーチによると、サンタクロースラリーで実際に相場が上昇した場合、その後1年のS&Pの平均上昇率は9.7%と、全ての年の平均上昇率である9%を上回っている。