IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ワシントン共同】トランプ米政権は7日、香港情勢を巡り、中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会メンバー14人を米独自制裁の対象に追加したと発表した。常務委は11月、香港立法会(議会)の民主派議員4人の議員資格剥奪の引き金となった新たな基準を決定。今回の制裁はこれを踏まえた措置で、圧力を一段と強化した。中国側の反発は必至だ。

 トランプ政権は、中国への制裁措置を相次いで発表している。バイデン次期政権で対中姿勢が軟化に転じることを防ぐ狙いもあるとみられる。

 ポンペオ国務長官は声明で「香港の自治を損なう中国に責任を取らせることを示すものだ」と強調した。