IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

元朝日新聞記者の植村隆氏(62)が、従軍慰安婦について書いた記事を「捏造」とされ名誉を傷つけられたとして、ジャーナリスト桜井よしこ氏(75)と出版社3社に謝罪広告の掲載と損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は植村氏の上告を退ける決定をした。18日付。請求を棄却した一、二審判決が確定した。  一、二審判決によると、桜井氏は、韓国の元慰安婦の証言を取り上げた1991年の朝日新聞の記事について「捏造」「意図的な虚偽報道」などとする論文を執筆した。  植村氏は「事実に基づかない中傷で激しいバッシングを受けた」と2015年に提訴した。

上記は2020//11/19 共同通信からの記事です。
地上波メディアや新聞ではどうせまったく取り扱わないでしょうが、昨日最高裁判決がでてジャーナリストの桜井よしこ氏の完全勝訴。植村隆は完膚なきまでにたたきのめされました。虚言壁の植村隆ざまあみろですね。今日は美味しいお酒が飲めます。
上記記載の通り朝日新聞の「捏造」「意図的な虚偽報道」が我が国の最高裁判決で認められたということです。それにしても戦後のこのインチキ報道で日本人の尊厳や自尊心に深い傷を負わせたという意味で、植村隆は極刑に値するし、朝日新聞は即廃業でも足りないと思います。当然朝日新聞は英語版でもこの植村の謀略や朝日新聞の反日プロパガンダに対し謝罪と訂正をただちに行い、全世界に向けて報道する義務があります。朝日新聞!とっとと英語版で発信しろよ。