IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>5128

野口英世、パスツール、電子顕微鏡、スペクトル解析、量子解析。
感染学でも「顕微鏡の進化」が一番「見える化」をすると
学んだのを、貴方の投稿で思い出しました。

それにより、「知らなかったもの」や「見えなかったもの」まで、見えてしまう。
鳥肌が立ったのは、約20年前。

科学には、(歌と同様に)国境がないから「世界の科学」です。
日本の科学の粋である、理化学研究所の中心も、いまや中国人留学生が中心。

そういう時代になっていくのだと思います。
ボーダーレス社会。