IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが保有銘柄の見直しに動いている。保有するゴールドマン・サックス株の8割を3月末までに売却していたことが15日、明らかになった。
2日に開かれた年次株主総会で米デルタ航空など保有する全ての航空株を売却したと明らかにした。コロナによって「世界が変わった」と発言し、感染収束後も乗客が完全に戻らないとみる。米銀も米連邦準備理事会(FRB)によるゼロ金利政策で収益環境が厳しくなっているだけに、バフェット氏の投資判断に注目が集まりそうだ。

長期投資の神様が、下がると予想して売却している、短期的には、金融緩和で上げているが、2番底はきそうな感じがする。
日経平均のPERは、14~16% 実態経済をみると日経は14000円前後まで落ちる可能性もある。さらに収益、減益が続けば、それ以下もありえる。
頭の片隅にいれておくのも必要ですね!