ここから本文です

武田信玄だったかな?
戦国時代なんかだと、わざと堤防を人力で壊して
任意の場所に被害を出してたな。

基本は欲張って国の全てを守るために堤防を作るんだけど
自然の力の前に、人の力は無力。
壊れるときはどうしたって壊れる。守りきれない。

そこが穀倉地帯だったり人口集中地域だと
被害が甚大過ぎて国力の低下が免れない。

そこで人のまばらな里や地域に泣いてもらって
そこで堤防を取り除き川の水をとことん抜く。
無人の地やほぼ無人の地域が水没する限りは被害は小さいからね。
マキャベリズム的なところがあるけど、合理性はある。

ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!