ここから本文です

「世間に著しい誤解や不安を与え、政府の政策スタンスとも異なる
ことから、正式な報告書としては受け取らないと決定し、政策遂行
の参考とはしないとしたところであり、報告書を前提としたお尋ね
にお答えすることは差し控えたい」

こうした姿勢に対し、党首討論で言及が相次いだ。

一番手だった立憲民主党の枝野幸男代表は「国民の不安に向き合って
いない」と批判。

国民の玉木代表も「隠蔽体質が不安を呼ぶ」と指摘し、共産党の志位
委員長は「隠蔽」と強い口調で攻め立て、日本維新の会の片山共同代表
も「受け取ったら困るんですか?」と疑問符を投げかけた。

一方、安倍首相は報告書について、「平均値で見るのがいいのか、ここに大きな問題がある」「貯金2500万円が前提条件になっており、違和感を感じた人もいる」「大きな誤解が生じた」「ミスリードしている」などと指摘。