ここから本文です

マレーシアのマハティール首相が、極東アジア諸国に対し、この地域に共通する通貨の設定を提案しました。

ロイター通信によりますと、マハーティール首相は30日木曜、都内で開かれた国際会議「アジアの未来」において講演し、「各国の金金価格に連動する東アジアの共通通貨の設定は、極東アジア地域の諸国の輸出入に使用できる」と語っています。

マハティール首相は、何年も前から米ドルによる世界の金融体制の支配を批判しており、「地域諸国の通貨の単位は今日、米ドルへの依存や外的要因のため、非常に弊害を受けやすくなっている」と述べました。