ここから本文です

大阪府寝屋川市の中学1年の男女2人を2015年に殺害したとして殺人罪に問われ、1審・大阪地裁で死刑判決を受けた山田浩二被告(49)が控訴を取り下げ、死刑が確定した。取り下げ書面の提出は今月18日付。山田死刑囚は21日、大阪拘置所で毎日新聞の取材に応じ、「もうどうでもいいと思った」と明かした。山田死刑囚は、検察側の主張と食い違う証言をしている。公判では不明な点が数多く残されたままだが、死刑が確定したことで真相解明はできなくなった。

世界的には死刑制度廃止の方向なのに、日本も中国のこと言えないね。
ま、殺人をする人は本人の責任以上に、環境、生育歴、遺伝などの要素が強い。
愛情に包まれて心豊かに育てば殺人なんてあまりやらないと思うが・・・・・
ま、被害者家族の心情を汲み再発を防止するなら、厳罰対処だろうが、
果たして国家や裁判官に人の命を奪う権利はあるのだろうか???
おそろしい!!!