ここから本文です

>>2251

食糧難の時代は来ない。
それどころか、食料が余りまくる時代が来る。

第二次世界大戦後、もっとも生産性を上げたのは農業だと言っても過言じゃない。
特に、肥料がほぼ無尽蔵に供給されるようになった。

次に農地改革。多くの密林などが農地化して、現在も進行中。
その次に遺伝子技術。

また、冷凍などの貯蔵技術。食品ロスは実際には大幅に減っている。
昔なら牛乳など3日も持たなかった。最終消費者による廃棄される食品は激減している。

食糧難になる要因が見当たらない。
人口の増加ペースは減っているのに、食料供給のペースは増加したままだ。


> 食糧難の時代がくると予言しておく
> 日本は「食えない国」になる