ここから本文です

この超絶緩和レバレッジバブルは、借入の大きい投資主体の企業が大打撃を受け、身の丈の成長が叫ばれるか、どこかで戦火が起きて混沌とするかで終焉とみる