ここから本文です

貧乏な 我が家は
学校に お弁当を 持ってゆくのですが
母親の収入が少なくて
おかず なしの ごはんだけで
梅一個と ごま ふってるだけでしたw
隣の席の あこがれの マドンナに見られると
恥ずかしいので 隠して 急いで食べてましたw
マドンナが ある日 僕に ウィンナーを ひとつ
くれました。
こんな おいしいものが あるんだなと思いました。
ハムは食べて事がありましたが ウィンナーは始めてでした
あとから 落としたウィンナーを
おまいに 渡したんだと 友人から知らされましたw
貧乏人を バカにすなw

  • >>2802

    知らないって幸せなんですね。
    テレビもラジオも、ましてネットは当然無い生活は、貧しいとは違うかも?

  • >>2802

    昔はもっと貧しかったという話だな。

    天地は広いというが、私にとっては狭くなってしまったのだろうか。太陽や月は明るく照り輝いて恩 恵を与えて下さるとはいうが、私のためには照ってはくださらないのだろうか。他の人も皆そうなのだろうか、それとも私だけなのだろうか。たまたま人間として生まれ、人並みに働いているのに、綿も入っていない麻の袖なしの、しかも海松のように破れて垂れ下がり、ぼろぼろになったものばかりを肩にかけて、低くつぶれかけた家、曲がって傾いた家の中には、地べたにじかに藁を解き敷いて、父母は枕の方に、妻子は足の方に、自分を囲むようにして、悲しんだりうめいたりしており、かまどには火の気もなく、甑には蜘蛛の巣がはって、飯を炊くことも忘れたふうで、かぼそい力のない声でせがんでいるのに、「短いものの端を切る」ということわざと同じように、鞭を持った里長の呼ぶ声が寝室にまで聞こえてくる。世間を生きてゆくということはこれほどどうしようもないものなのだろうか。この世の中をつらく身も痩せるように耐え難く思うけれども、飛んで行ってしまうこともできない。鳥ではないのだから・・・。

ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!