ここから本文です

>>3684

> > 安倍・黒田体制が終わっても、大局的見地に立てば、基本的な日銀政策は日本の人口構成etcの日本構造が安定期に入る50年後?以上、もう誰がTOP成っても、変えることが出来ないという結論ですか?
>
> 何か代案ありますかね?

日本経済は、イザナギ・イザナミ景気超えたと政府は高らかに言っています。
日本経済は、金利ゼロじゃなくて、政策金利1~1.5%程度も許容出来ない程、脆弱なものなんですか?

吾輩はここまで金融緩和したのだから、今後は政策金利を1~1.5%程度迄、緩やかに金利UPをして行くべきなのが、日銀の任務だと考えていますが。

  • >>3757

    > 吾輩はここまで金融緩和したのだから、今後は政策金利を1~1.5%程度迄、緩やかに金利UPをして行くべきなのが、日銀の任務だと考えていますが。

    あるべき姿だと思うんですが
    短気金利が1.5%位まで上がってしまうと10年国債金利が2.7%位までは上昇する事になります。

    足元で利払い負担が9兆円、債務償還費で14兆円、合計23兆円の国債費がかかっているのですが発行残高900兆円を考えると上記のように利上げを行うと
    国債費のうち、利払い費が15兆円位増えちゃって国債費が財政を圧迫しちゃうんじゃないですかね。もちろん市中金利が上がる事によって、税収も若干増えるとは思いますが。

    恐らく日銀の利上げに一番脆弱なのが国なので、そこの財政再建をしっかりやってからでないと利上げは現実無理なんじゃないですか?