ここから本文です
  • >>1047

    阪神淡路大震災の真っただ中で仕事してた。

    >西日本 大きい川の近くのマンション下層階 賃貸 大都市部

    旧いマンションなら震度7、1000ガル超えて揺れたら座屈して1~3階程度の場所はペタンコの可能性あるよ。
    人が本当にトムとジェリーのアニメみたいにせんべいになることもある。
    特に関西は花崗岩の山が多く扇状地で天井川が多くその両脇は地盤が軟弱。
    神戸では広い道の南北の筋沿いのマンションがたくさんやられたけどそこは川は無いけど暗渠にしているだけで地下を流れてんだな。
    また東西の筋、鉄道や大きな道路沿いも弱かった。
    これは昔の断層や副断層沿いでやはり軟弱。
    水が湧いたりして軟弱で使いにくい土地だからこそ逆に明治期以降、道路や鉄道を通す時に買収しやすく通しやすかったから。

    まあそれでもマンションは木造に比べて圧倒的に強かったのは事実だけどね。