IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>3724

1944年生まれの私の初任給が20,000円ちょっと。1966年に発売された初代カローラは1100㏄、525,000円でした。その少し前サニーが発売され1000cc,450,000円前後でした。テレビは白黒で約60,000円カラーが約180,000円でした。ですから少し勘違いされていますよ。

  • >>3791

    皇太子ご成婚(1959年)で1万円/inchの白黒テレビが飛ぶように売れ、
    それが東京オリンピック(1964年)で一気にカラーテレビに入れ替わりましたが、
    高度成長期は日本国民が3Cを始めとする高額商品を先を争って買うことに熱狂した良き時代でした。

    高度成長は大阪万博(1970年)を経て石油ショック(1973年)まで続きましたが、
    その後、3Cの国内普及率の高まりと共に内需が飽和状態となり、
    3Cに代わる経済の牽引役が現れぬまま、自動車、家電が欧米市場に活路を求め、
    国内メーカー同士のシェア争いを海外にまで持ち込んで反感を買ったことから、
    円高進行が始まり、経済大国日本は凋落への道を歩み始めました。

    あの頃、日本がもう少し分を弁えた振る舞いをしていたら、
    中国の台頭も、日本の没落も避けられたのではないかと、本当に残念に思います。

    しかしながら、歴史は繰り返す。で、
    嘗ての日本叩き同様に、トランプの中国叩きが成功すれば、
    日本も少しは漁夫の利を得ることになるのではないかと、
    心からトランプを応援し続ける今日この頃であります。