IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

かつての日本の企業経営には、従業員家族地域社会を支える企業活動をし、
国民経済を豊かにしていくという価値観があった。
今のグローバル資本主義とは、どれだけ従業員の首切りをしても、
株主や投資家に対してどれだけリターンを出せるかで経営能力を計られる。
この価値観が本当に正しいのでしょうかね?
誰の為、何の為の経済活動なのかという視点は大切だと思いますよ。