ここから本文です

外務省が2018年版「外交青書」を公表した。
この外交青書では、南鮮に関する説明の半分以上を、
慰安婦問題を蒸し返した文在寅に批判的なものに割いている。
後半はこうだ。
韓国側が、日本側に更なる措置を求めるというようなことは日本として全く受け入れられるものではない。
日本政府は、韓国が「最終的かつ不可逆的」な解決を確認した合意を
着実に実施するよう引き続き強く求めていく考えである。
日韓間には困難な問題も存在するが、これらを適切にマネージしつつ、
日韓関係を未来志向で前に進めていくことが重要である。
総じていえば、これは「格下げ」というより「突き放し」に近いと思う。
そもそも外交というものは、国家間の約束事によって成り立つのだが、
南鮮はこの約束を全く守ろうとしない。
昨今、対岸からスワップ協定の再開を求める声が聞こえてくるが、
条約にも等しい国家間合意を守らず、経済的な協力を求める厚顔さは、
「日本は南鮮に協力して当たり前」という手前勝手な根拠を基にしているのだろう。